荻山駅徒歩5分小平駅徒歩10分、スタインウェイのグランドピアノが奏でる優しい音色でレッスンします。

東村山市・小平市のピアノ教室「きらきら音楽院」

題名のない音楽会の鑑賞をして

   

12日(火)は久々にコンサートに行ってきましたー

題名のない音楽会の司会「佐渡裕」さんは、とても情のある方で、

毎週見ていて、個人的に好感を持つようになった指揮者のひとり。

佐渡さんはコンサート中になんども震災のことを語りながら、泣く泣く・・・

ゲストはこれがまた豪華で、私の好きな順に書くと・・・

ソプラノ歌手 森麻季さん 歌手 さだまさしさん 歌手 平原綾香さん

歌手 CHAGEさん(もとチャゲアスのチャゲさんです) テノール歌手 福井敬さん

ゲスト司会で黒柳徹子さんなどなど 他にもたくさん。

最初は出光興産100周年記念コンサートだったこの企画、けれど

震災復興コンサートにすぐにテーマが3月11日の東日本大震災を機に

変更したそう。その出光興産という会社の思い切った制作にも会社としての

理念を感じる。ちなみに私、この会社とはちょっとした縁があって知ったのですが

40歳以下の社員は全員東北にいってボランティアをしたとのこと

本当に立派な会社だと思う。

話はコンサートに戻るけど、復興コンサートということで出演者もほとんど

白黒の衣装で多少華やかさにはかけたけれど、どの曲も素晴らしかった・・

この度の震災で音楽家という存在はあまりにもちっぽけで、なーーんにもできることは

ないんだ・・と震災で講演が中止になった佐渡さんは途方に暮れたと話されて

いた・・・それは私も同じことを思っていたから・・・佐渡さんという立派な人が

そんな事を考えるなんてちょっとびっくり。

でも、東京を元気にすることが日本を元気にすること、自分が素晴らしい音楽を奏でることで

ほんの一瞬でも聴衆に勇気や希望を与えることができる・・・のなら

また頑張ろうという気になったということでした。

そして・・・・

私たちピアノ教師の私たちができる事・・・・・

まずは、レッスンに来てくれる生徒に、明るく楽しい

レッスンをして、1人でも多くの笑顔を大切にする事。
子供たちの笑顔が、家族の笑顔になる。
家族の笑顔が地域の笑顔になる。

まず私は、生徒の笑顔をつくろうと思います。

月日が経過するのが、とても早く感じるこのごろ。

ほんとはすぐに書きたかったのですが、すでにもう二日もたってしまいました・・・

体調がすぐれないと辛いものです・・・とほほ

ぎゃんばろーっと!

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

no image
発表会にする?それとも〇〇コンサート?

2011年6月25日に東村山市富士見文化会館にて、きらきら音楽院の第一回記念すべき

発表会を行う予定です。

発表会、発表会と書いてきましたが・・どうなんだろう・・・発表…

最近飛んでいる花粉はなんでしょう・・

スギ花粉が終わって、花粉症の人がすくない今日この頃・・・ 私がアレルギーである何 …

講師演奏の練習とでデリチュースのチーズケーキ

オープニングで講師演奏があります。いろいろ迷いましたが、爽やかに始められるように、愛の挨拶を連弾で演奏させていただくことにしました。この曲は、なんだかうきうきしてくる

英語ミュージカルのオーディションに挑戦したTさん お疲れ様でしたー

東村山市 小平市 のピアノ・声楽・リトミック 教室 きらきら音楽院の 伊藤三絵子 …

グレンツェンピアノ音楽コンクール 結果発表! 全員東京本選を突破し、関東大会へ!

あっという間にクリスマス会から2週間が経過しました。 クリスマス前で学校もそわそ …

no image
お辞儀のレッスン!?

このブログには何度も書かせていただいてますが、2011年6月25日にきらきら音楽院の発表会を行いますー今日は、通常レッスンから始まり、リトミックのリトミック体験レッスンもあり、…

no image
二本柳先生のセミナーを受講してきました

小平市、東村山市のピアノ、声楽教室「きらきら音楽院」伊藤三絵子です。 10月は勉 …

2015年サマーコンサートを振りかえって①

東村山市 小平駅 近くピアノ 声楽教室 きらきら音楽院の伊藤三絵子です。 今年の …

no image
発表会でリトミック

先日、発表会でリトミックしませんか?という呼びかけに5組の親子が参加していただけることになりましたーありがとうございますー1度、リハーサルをしますので、楽しみにしていて

先生も発表会まで気合いれます

最近ようやく自分のソロの練習にも目を向けられるようになってきました。つい何週間前まで、生徒1人1人の心配ばかりでしたが、どの生徒も暗譜する段階に入ってきてようやく先が見