荻山駅徒歩5分小平駅徒歩10分、スタインウェイのグランドピアノが奏でる優しい音色でレッスンします。

東村山市・小平市のピアノ教室「きらきら音楽院」

ピアノ教室への想い

このたびは、数ある音楽教室から当教室のホームページをごらん頂きましてありがとうございます。
当教室では小さな幼児から大人まで、ピアノや歌を習って自分で演奏することにより音楽に触れ音楽を楽しむための大切な時間を過ごしていただきたいと考えております。

自己表現できることへの喜びと音楽の楽しさ

omoi_20150523
きらきら音楽院の生徒さんに、一番にお伝えしたいこと、それは自己表現できることへの喜びと音楽の楽しさであります
私自身、3歳の頃からピアノ教室に毎週通い、練習してきました。練習はとてもとても大変でしたが、合唱コンクールでピアノの伴奏が弾きたい、先生の弾いているようなきれいな曲が弾いてみたい、両親に褒めてもらいたい、音楽の分野においては誰にも負けたくない!という気持ちで、続けてきました。
ピアノ教室でも様々なお友達ができ、アンサンブルの経験をし、音楽が次第に大好きになっていました。私自身、ピアノを長年習ってきて、学校教育だけでは学べなかったこと、感じとれなかったことを沢山学びました。(これは大人になってから気付いたことで、ピアノを習っていた子供の頃は全く意識していませんでした)

そしていつのころからか、「私=音楽」という風にいつの間にかなっていったのでしょう。
中学時代にはピアノが弾けるということで、自分自身に自信をもつことができましたので、迷わず合唱部に入部し、ピアノ伴奏はもちろん部長としても頑張ることはできました。良い先生と巡りあえ、ピアノや合唱を通して、音楽の楽しさをさらにさらに共有することができました。

大学では3歳のころから習っているピアノ教室に通いながら、本格的に声楽、オペラについても学び、自宅で母がしていたピアノ教室で講師を勤め、音楽が生きがいになり、人生が豊かになったと自負しております。アンサンブルの経験を小さい頃からたくさん経験させてもらえたこと、それは音楽の楽しさを知る一歩であります。

ピアノを弾くことは脳を刺激、活性化すること

そして2番目にお伝えしたいこと、それは
「ピアノを弾くことは=指先を使うこと」つまり脳を刺激、活性化することであります。

目には見えない音の長さ・高低・強弱・休符・速度・音色などを意識することにより、イメージや感覚をつかさどる右脳が刺激されたり、楽譜を理解し指の運動へと伝達する、そして耳で聞いたり目で見たりして再び脳へ何度もフィードバックするということにより神経回路が発達し情報の伝達が早くなります。
また、当教室では小学生以下の生徒さんには、積極的に暗譜(楽譜をまるごと覚えて演奏できるようにすること)を行っております。暗譜というのは演奏者が楽譜を通して作曲家が意図したストーリーを再現することであります。この訓練がすべての勉強に必要な暗記力をも鍛えるのです。
暗譜をすることによって、ストーリーとして記憶していく方法を積極的どんどん学んでいきます。

当教室では、“頭を使うことにより生徒さんが日々成長し、音楽とともにきらきら輝く”
そして、“音楽だけでなく脳の発達も向上させること”をも目指しています。

ピアノは人生を豊かにしてくれる

最後になりましたが、「趣味を持つ」「打ち込めるものがある」ということが、
人生をどれほど豊かにしてくれるかということ、
その後の子供の人生を大きく変えると思います。

どうか、そのチャンスを与えたいという方が
きらきら音楽院の門を叩いてくださると信じています。

きらきら音楽院講師 伊藤三絵子

 

公開日:
最終更新日:2015/05/28